NPO法人ミュージックソムリエ協会

ミュージックソムリエ養成講座

ミュージックソムリエ養成講座
ミュージックソムリエの育成、ソムリエによる音楽のレコメンデーションを推進します。ビジネスでプライベートで、リスナーのプロフェッショナルになって音楽の楽しさを提案する人になりませんか?
詳しくはこちら

 

CDショップ大賞

CDショップ大賞 全国のCDショップ店員が選ぶ”売りたい!聴かせたい!作品No.1!年に1度CDショップ大賞を開催!
CDショップ大賞のサイトはこちら

音・人・心研究所


音や音楽が人間の心身にどのように認知され、どのように影響を与えるのでしょう。音・人・心研究所では主に5分野の研究者を広く募り研究を支援しそれぞれの分野の交流と統合をはかります。
詳しくはこちら

≪音楽で遊ぶ。体験型文化イベント≫利き耳クラブ Vol.1

≪音楽で遊ぶ。体験型文化イベント≫

利き耳クラブ Vol.1


音楽文化を巡るストーリー
×
台湾発 世界が恋する「ジャンル別イヤホン」体験会


NPO 法人ミュージックソムリエ協会では、「EXIST ONLY FOR MUSIC」をコンセプトにした台湾のオーディオメーカー、C & M AUDIO CO., LTD (本社: TAIWAN)と≪音楽で遊ぶ。体験型文化イベント≫利き耳クラブを始めます。


≪音楽で遊ぶ。体験型文化イベント≫

ミュージックソムリエ/ 国立音楽大学教授と、台湾のオーディオメーカーChord & Major(コード&メジャー)のコラボレーションが実現。
第1回は、2019 年 9 月 27 日(金)にオープンした新施設「COREDO(コレド)室町 テラス 2 階」(東京・日本橋)内の「誠品生活日本橋」にて行います。

◆音楽文化を巡るストーリー
プレゼンター:野中 映(国立音楽大学 音楽文化教育学科 教授)

音楽は、人々の歩みに合わせて変遷を遂げていきました。現代、たくさんの音楽 ジャンルがあるのは、人類の行動の結果とも言えるのです。今回は「音楽」と「音 楽と共に形成された文化」を巡るお話を、国立音楽大学の野中映教授が披露いた します。

◆台湾発!世界が恋する「ジャンル別イヤホン」体験会

音楽の楽しさを再発見できる「ジャンル別イヤホン」を体験して、音の繊細さや 深みをたっぷりと味わって頂きます。台湾のオーディオメーカー コード&メジ ャーでは、音楽のジャンルに合わせて、その音楽の良さを最大限に生かせるよう に調整したイヤホンを作っています。ぜひあなたの耳でも体験してみてくださ い。

【日時】2019 12 1 15:00-16:30

【場所】誠品生活日本橋内 eslite FORUM

東京都中央区日本橋室町 3-2-1 COREDO 室町テラス 2F
JR
総武線 新日本橋駅、東京メトロ銀座線 三越前駅直結 TEL 03-6225-2871

【参加費】無料
【定員】定員
20 名(椅子席予約制。先着順。) (ご予約がなくても、「音楽文化を巡るストーリー」のみ立ち見可能です。)

【ご予約済の方:受付時間】14:30~14:45

【当日ご来場の方:受付時間】14:45~15:00
※ 椅子席にキャンセルが出た場合、受付で整理券を発行した後、先着順にご案 内いたします。

【持ち物】普段お使いの音楽再生機器(スマートホン、オーディオプレーヤー等) ※イヤホンジャックがないタイプのスマートホンの方は、専用の接続端子もご 一緒にお持ちください。
※イヤホンはこちらでご用意しております。 ※再生機器もご用意しておりますので、お手元にない方もご参加いただけます。

【プレゼンター】野中 映(国立音楽大学 音楽文化教育学科 教授)

【イヤホン体験会 音楽の選曲】NPO 法人ミュージックソムリエ協会

【イヤホン体験会】コード&メジャー

【主催】利き耳クラブ実行委員会

【協力】NPO法人ミュージックソムリエ協会、Chord & Majorhibiki Culture Lab

【お申込み】https://kikimimiclub.peatix.com


プレゼンター
野中 映(国立音楽大学 音楽文化教育学科 教授)

専攻は音楽学および宗教音楽学。 グレゴリオ聖歌からクラシック、現代音楽、ジャズ、 ロック、J-POP、そしてワールド・ミュージックに至る まで、幅広い視野で音楽を捉え、実践をふまえた多様 なアプローチで音楽と社会を見据える音楽趣味人。大 学では「音楽文化論」「グレゴリオ聖歌」「日本語文章 術」等の授業およびゼミを担当。主著に『名曲偏愛学』

(時事通信社)、『音楽案内』(深夜叢書社)がある。 日本テレビ系列の「マツコ会議」で話題になった、女装して授業をする先生こそ、 ご本人。


ジャンル別イヤホン

台湾にあるオーディオメーカー、コ ード&メジャーが製作・販売する、 世界初の音楽ジャンル別にチューニ ングされたイヤホン、「Major9’13」が、フランスで最も有名な音楽賞の 1 つである、フランス・ クラシック音楽賞 Diapason で「Diapason D’OR」(ディアパソン金賞)を受賞。 各イヤホンは、台湾の誠品各店および誠品生活日本橋で発売しています。 公式サイト: http://www.chord-m.com/ja/


利き耳クラブ

日本で音楽や音楽文化の普及に尽力している NPO 法人ミュージックソムリエ協 会と、台湾のオーディオメーカー コード&メジャーが合同で開催するイベント のことです。 時代、地域、文化をクロスオーバーさせたイベントを企画し、多くの方に様々な 角度から“音楽を聴く”ことを楽しんで頂ける時間を提供していきます。


NPO 法人ミュージックソムリエ協会

音楽を聴くこと、ライブに行くことなど、音楽を楽しむことが日常に根差すよう に、生活者の目線で音楽を広げ、楽しんでいける環境づくりを進めている団体で す。
2009 年から CD ショップ大賞を企画運営している他、日本橋三越で 2014 年に行 われた「昭和のスターとアイドル展」の協力、テレビ番組やラジオ番組への制作 協力を行っています。また、生活者の目線で音楽を紹介できる人材を育成する、 ミュージックソムリエを養成しています。 公式サイト:http://musicsommelier.jp

台湾にあるオーディオメーカー、コ ード&メジャーが製作・販売する、 世界初の音楽ジャンル別にチューニ ングされたイヤホン。現在、クラシ ック、ロック、ジャズ、バラード、 ワールド・ミュージック、エレクト ロニック・ミュージックの 6 機種で 展開しています。 2015年には、クラッシック向けイヤホン、「Major9’13」が、フランスで最も有名な音楽賞の 1 つである、フランス・ クラシック音楽賞 Diapason で「Diapason D’OR」(ディアパソン金賞)を受賞。 各イヤホンは、台湾の誠品各店および誠品生活日本橋で発売しています。 公式サイト: http://www.chord-m.com/ja/

C & M AUDIO CO.,LTD
音楽のために在る。
C & M AUDIO CO.,LTDは、2012年に台湾で設立いたしました。音楽を核とし、 音楽の感動を伝えるための製品とサービスを生み出しています。 展開しているブランドは二つ。「Chord & Major」はオーディオ製品を、「hibiki Culture Lab」は文化体験型のイベントと旅の企画やコーディネートを領域とし ています。音楽が好きな人たちに、より音楽を楽しんでいただける環境づくり や、「架け橋」となることを目指しています。


関連サイト:
・ Chord & Major URL :
https://www.chord-m.com/ja
・ hibiki Culture Lab URL : https://hibiki.tw
・ NPO 法人ミュージックソムリエ協会 URL : http://musicsommelier.jp ・ Photo by Chord & Major, POPDAILY (https://reurl.cc/ZnjXya)


誠品生活

誠品生活は、台湾発の複合セレクトショップ。「Books, and Everything in Between.(本とくらしの間に)」のコンセプトのもと、書店からスタートした会 社です。“世界で最もクールな百貨店 14”や“アジアで最も優れた書店”にも選 ばれ、世界的にも注目されています。台湾へ行くと、必ず見かけるのが「誠品」 の文字。台湾はもちろんのこと、他アジア各国でも愛されているお店です。また、 「誠品生活」が力を入れている取り組みの一つに、体験型イベントがあります。 台湾を中心とした各店で毎年合計 5,000 回以上開催し、新たなカルチャーの提 案を積極的に行っています。





 

歌声フェチ♡インタビュー 第1回 ヒグチアイ

こんにちは。

ミュージックソムリエ・ラボ・声部部長のシンガーでボイストレーナーの奏子(かなこ)です。

「ああ、いいなあ」「好きだなあ」っていう、歌声ってありますよね。

そういう声に出会ったとき、この声、一体どうやって出してるの?どうしたらこんな風に歌えるの?って考えたことはありませんか?

 

歌声フェチ♡インタビューでは、歌声に魅力のあるシンガーさんに、日々歌声とどう向き合っているかをご自身に語っていただいて、その魅力を紐解いていきます。第1回目のゲストは、6月22日にニューアルバム『日々凛々』をリリースしたヒグチアイさん。ふくよかでありながら鋭さのある低音と、のびやかで美しい高音が聞き応えたっぷりの歌声。歌声にまつわるアレコレ、聞いてきました。


歌声フェチ♡インタビュー 第1 回 ヒグチアイ

-----ニューアルバム『日々凛々』ですが、前作までと比較してボーカルに対して意識したこと、または日々意識している事があればお聞かせください。

今回レコーディングの時、時期的に結構風邪をひきやすくて声の調子が悪いというか、本番まで声を出さないっていうのが多かったので、声というよりは“とにかく調子をどうしたらいいんだろう”っていうところはすごく考えていました。寝るときにマスクしたりとかめちゃくちゃ加湿したりとか、そういうのはしましたね。

実際、今回21 歳位の時に弾き語ってた曲を、ちゃんとレコーディングしてCD に入れることになったので、その時の曲音源を聞聴いたら、全然声の出し方が違うというか、めちゃくちゃ地声だったりとか、高いところまで出てるんだけど、ずっと単調でねっとりしてる感じだったから、もっと言葉がはっきりして、はっきりしつつも伸びやかに出せたらいいな、っていうのはありました。それは昔よりは良くなったかなと。

昔くらい地声が出るようになったらいいけど、そうじゃなくても、表現力が上がってるかなという感じがしました。

---なるほど。その、表現をこういう風にしたいというイメージは、どんなところから来ていますか。例えば誰かの影響を受けたとかはありますか。


特にこの人っていうのはないんですけど、やっぱり言葉が聞こえないっていうのがすごく気になって。聞こえやすい方だとは思うけれど、多分それは滑舌の問題なのか、言葉の置き方なのかわからないんですけど、だからこそ、もうちょっとそこを伸ばしたくて。

歌ものは、ディーバ的な方も結構好きだから・・・、最近ビヨンセとか聴いてるんですけど、私はああいう風には歌えないから、ああいう歌声で魅了する、ということではなくて、自分にもともとあった良いところを伸ばそう、と思って言葉をはっきりしようっていうのはありました。

---やっぱり歌詞がちゃんと聞こえてくるというか、言葉が聞いたままに入ってくるっていうのが大事と言うことですかそうですね。そうなったらいいなと。何を言ってるんだろうって考えることに頭を使っちゃうと、そこで頭の中全部が埋められるというか、それがわかった上で情景を出すのにすごくタイムラグがあるような気がして、そのうちに曲がどんどん進んでいっちゃうから、入った瞬間に言葉に変換された方が情景が浮かびやすいかなと思って、それは考えるようにはしていますね。

----そうすると、例えばレコーディングして、聴き直して、「ああ、ここもうちょっとこういう風にしよう」って考えたりしますか。

考えます。息吸う場所とか結構気にしない人って、言葉の間に吸ったりするじゃないですか。私は曲を作るときにそもそもあんまりなくて、この1 つの言葉を言った後に絶対ブレスを入れたいとか、そういうのは多分合唱をやっていたときに、考えていたような気がして。

----あ、合唱部だったんですね。

はい。ここまでの言葉、とか、ここまでの文の後にブレスを入れないと文章が成り立たないなとかっていうのはすごく考えていたので、その感覚はずっと残っていて。レコーディングの時にここが息継ぎ難しい、ってなったらまた違うところ、も一つ手前の文のところで息継ぎしたりとか。もうちょっと言葉を分かりやすくするには、どんな風に歌い回したらいいかって、そこで変えたりしますね。

----そう言われてみると今回のアルバムは全曲聴いてすぐに言葉わかりますもんね。

そうですか。よかった。ふふふ。

----レコーディングの時に声の調子が悪かったということですけれど、それでもレコーディングしなきゃならないっていう時はどうコンディションしていましたか。

まぁでも1 つは絶対に病院に行きますよね。(一同爆笑)強い注射とか打ってもらいましたね(笑)。それはもう、本当に、喉を悪くしたら癖になるな、って思うので。それでそのまま歌うっていうのは1 番やっちゃいけないような気がして。何回も壊してるから。

「大丈夫だろう」と思って病院に行かないでまた壊しちゃうっていうパターンがあるんで、その1 回を歌っても、それをちゃんと治す方向に向かっておきたいという感じではあって。

昔は、1 本のライブに対してもちょっと甘かったような気がしていて、声が出なくても、エモーショナルな感じで歌えば、何とか乗り越えていけるって思ってたけど、今は8 割しか表現力がなくても、声が出てないとダメなお客さんがたくさんいるような気がするんですよ。だから、とにかくわーって出して「あの人すごい頑張ってるな」っていうよりも、ちゃんと上の方(高音)とか、丁寧に出してるなっていう風になるように歌おうとはしているんです。

それは地声に行くところを裏声にするようにしたり、そんなに力を出さなくても歌える低い所の時は、声をすごく薄く出そうとしたり。ずっとわーって出してるんじゃなくて、ちゃんと抜くところを覚えてるというか、結構そこは気をつけていますね。

----丁寧だなっていうのは、こないだのライブで感じましたね。

そう。丁寧にやらないと、喉が壊れちゃう。笑喉を壊して、そこから次のライブまで空いていたとしても、ラジオとか取材はあるし、しゃべらなきゃいけないから、その1 回だけじゃ、だめじゃないですか。今後もずっと歌っていくためには、その1 回をどこまで抜けるかが大事だなって。

----効率的に、というか。

うんうんうん、そう歌えるかっていうのはすごく考えるようになりましたね。

-----ライブで歌っている時とレコーディングで歌っている時は、テンション感とか、喉の使い方とか、感覚的には同じなんですか

全然違いますね。レコーディングの方が全然楽しくない。(一同爆笑)楽しくないっていうか、やっぱり目の前に人がいないから、何も反応がないし。だからできる自由度はあると思うけど。だから録ってくれている人に「ちょっとテンション上げてくれないと無理です、私これ歌えません」って言って。笑ちゃんと良かったら「いい」って言ってくれないと。悪い時は「悪い」って言われたら絶対テンション下がるから、「上手に私を動かしてください」っていつも言っているんですけど。笑

----それは素晴らしい。

そう。それで「良かったよ、もう一回」って。笑それくらい、レコーディングの時は録ってくれる人・そこにいる人が全てなので。作品を聴いてくれるであろう、その向こうにいる人を想像しろって言われても絶対無理だから、その辺はちょっとまぁいろいろ調子を上げるようなこと言ってもらったりして。

ライブだと、外の音が回り込んで聴こえてるので、すごく臨場感を感じながら歌えて。自分の気持ちも高揚するので、レコーディングはその時の感覚では歌わないようにはしてますね。

----例えば声の出し方とか音量もライブとレコーディングでは違ったりしますか。

全然違います。レコーディングの時は、全くこれは実音を出したくない、息の方を強めに出したいっていう曲もあって、今回のアルバムの最後に収録されてる「癖」という曲は、息を多めで、囁くような、耳元で歌っているような感じで歌いたいからマイクの音量だけ上げてもらって、多分歌ってる時は「ぁぁぁぁぁ(実演)」くらいだったと思う。

-----この曲はまだライブでやってない?

やってないです。

----じゃあライブでやるときは・・・

多分全然違うんじゃないかなぁ。レコーディングの音源はすごくきれいにしてもらってるから・・・つばの音とかリップ音みたいなものを全部とってもらってるので。もしライブでそれを再現しようとすると、結構息の「フゥ」っていう音が大きく出ちゃうと思うんですよ。だから、(ライブでは)多分できないでしょうけど、でもライブならではの良いところが絶対あるので。

----じゃあそういう歌い方をCD で聴けるっていうのは聴きどころの1 つですよね。ライブとCD での違う楽しみがある、っていう。

そうですね。全く違うというか、CD の音源を完全に再現できることはないので。鍵盤は同じものが弾けたとしても、ギターやシンセを何本も重ねたりとかもできないし、ライブではまた全然違うものを出すつもりで、作っています。

***声帯の右側と左側を感じるんです***

----日頃、自分の声はどんなふうにメンテナンスしてるんでしょうか。

この音が出なかったら声の調子が悪いなというラインがあるので、毎朝、起きてからその音を出してみて、ああ大丈夫だなと思ったら、いつも通りの発声をします。調子が良ければ普通に発声せずに歌い始める時もあるし、それが出ないときは、お昼位になって人と話してから出す時もあるし、それでもダメだったら、もうその日は声出さないとかしゃべらないとか家の中でもずっとマスクしてるとか。

----かなりストイックな感じに聞こえますね。

最近はちょっとセンシティヴなところがありますね。もうほんとすぐ喉壊しちゃってて。だからそうならないために。

唾液の分泌量とかも喉の荒れに関わってくると思うんですけど、もともと私は「粘膜が強くない」って言われていて。だから人以上に過敏にならなきゃいけないらしいから、ちょっと水を多めに飲むようにしたり、すぐのど飴を舐めるようにしたりとか、気をつけるようにはしています。

-----さっきの特定の音を出してみて喉の調子を見るっていうのは、例えばそれは音の高さとか?母音とか?

音の高さですね。一応母音は全部やるんですけど。「い」とか「え」とかは出やすいので「お」とか「あ」とかで出ないときに考えますね。ちゃんと出ていても、あ、なんかこの出し方はちょっと喉に負担かかってる、とかそういうのは自分の中で感じられるので。

で、右側と左側があるじゃないですか。

-----え、声帯の?

そう。


-----その右と左を感じる?

そう、感じるんですよ。私、右側がいつも調子が悪くなりやすいので。声を出しているときに右側に引っかかる感じというか・・・右側よりも左側の方が息が多く通るなという時は、どっちかが調子悪いかもしれない、って。そうなったら病院に行きます。

----繊細ですね。

そう、両方ともあんま出ないなぁっていうんだったら、単純に起きてなかったり、動かしてなかったりなんですけど、どっちかだったら病院に行ったほうがいいってルールが自分の中にあります。

----面白いですねぇ。。。あ、面白いって言っちゃった。笑

でも、人によっては全然偏ってないこともあると思うので・・・そういうのって歯並びもあるらしいんですよ。私、下の歯が左の方が手前にあるので、そこに息が引っ掛かったりすると、またその出し方が違うらしいので。

----本当にちょっとのことで、変わりますよね。ちなみに、声の調子を見る音の高さっていうのは?

レ。

----高いレ?

(ハミングで、D5 の音を出して)

この音ですね。

----この音で調子を見てる。

はい。これが出なかったら、調子悪い。

----これは世の歌う人たちには、いい情報ですね。

どうなんですかね。みんなどうやってやってるんだろう、気になりますよね。調子が悪いのってなんとなく歌ってわかるのか・・・。

----でも、やっぱり基準があるほうが・・・

そうですよね。基準は絶対あったほうがいいような気がするんですけど。

----今までやってきた中で、この「レ」っていうところに落ち着いたんですね。

そうなんです。調子が悪いと裏声の方がより出なくなっちゃうような気がするので、わかりやすい。ほんとにびっくりしますもんね。

「あれ出ない」って。どうやって歌ったらいいかわかんない。けど、自分の曲は両方(地声と裏声)すごい使うので。大変ですね、声が出なくなると。裏声だけ出ていれば何とか・・・地声は低いところで、もう真ん中から裏声っぽくする、というのだったらなんとなく出来るんですけど、調子悪くなると、裏声が出なくなって大事なところが聴こえない、みたいな、笑。

大事なとこが全部抜けてる感じになっちゃうんで、そこだけは気をつけるようにしなきゃと思っています。

****何かザラっとしてる、パキっとしてる感じの方が憧れが強いです***

----自分の声とか今のシンギングスタイルとかに直結してるしてないは置いておいてこの歌声は私フェチですって言うアーティストとかいたら教えて欲しいなと。

BUMP OF CHIKEN の藤くんの声がすごく好きなんです。米津玄師さんとか、ONE OK ROCKのTAKA さんとMrs. GREEN APPLE のボーカルの大森さんと。あの、なんて言うんだろな、ざらっとしてる感じで、ちょっと鋼っぽいというか、男の人でそういう声の人は結構好き。

女の人だったら、Katy Perry が好きですね。Katy Perry に、まぁ、なりたいですけど。

やっぱり、ディーバ系のものを聴いていても、Beyoncé よりもKaty Perry のほうが、声が好きなんだなと思って。Mariah Carey も好きですし、Christina Aguilera とかも好きだけど、でもやっぱり落ち着くのはKaty Perry だったから、その声が好きなんだと思います。やっぱりそれも鋼っぽいというか。なんかあのざくっとしてる感じというか。

----ちょっと金属音的な周波数が入ってる感じ。

入ってる。でも入りすぎてない。

----キンキンはしてない。

そうそう、入りすぎてるのもかっこいいけど、自分の中では何か“ちょっと入ってる”くらいの人の方が好きみたいですね。

日本の人で女の人だと・・・Superfly とかも聴くのはすごい好きだけど・・・でもまたちょっと違いますよね。

----私が聴いている「ヒグチアイの声」は鋼というよりは、ふくよかさがあるからどちらかと言うとSuperfly の方がKaty Perry よりは近い感じは・・・鋼って言うと椎名林檎さんみたいなイメージが。

そうですね、私も椎名林檎さんが大好きなんですけど、そもそも聴いてる分には、あの歌をふくよかに歌うディーバみたいな人がすごい好きなんですよ。だから、ああいう声の方が、ただただ憧れがあるというか、羨ましいなっていうのはあるんです。自分の声が歌い方的にはそっちじゃないから、もうちょっと感覚的には違うんですけど。

----女性の声は割と外国の方に惹かれるんだなと。

そうですね。日本の人…優しい感じの声は素敵だなと思う人がいっぱいいるんですけど。コトリンゴさんとかもすごい好きですし、だけどもうちょっと何かザラっとパキっとしてる感じの方が憧れが強いですね。

 

ヒグチアイーHP

ーtwitter @HiguchiAi


2ND full album『日々凛々』発売中

★ヒグチアイ渾身の2nd full albumは、"あなた"のために綴った10編の物語

[収録曲]

01.わたしはわたしのためのわたしでありたい

02.永遠

03.コインロッカーにて

04.玉ねぎ

05.わたしのしあわせ

06.ぽたり

07.不幸ちゃん

08.最初のグー

09/癖

 

★[初回限定盤]アルバムCD+DVD/TECG-30121/ ¥2,778+tax

*DVD には新録「ぽたり」&ライブ定番曲「わたくしごと」のスタジオ弾き語りライブ映像と、「わたしはわたしのためのわたしでありたい」MusicVideo を収録

★[通常盤]アルバムCD のみ/TECG-26122/¥2,407+tax

*通常盤ボーナストラック:「きっと大丈夫」(長野都市ガス(株)新企業CM タイアップソング)収録


iTunes/Apple Music Special Package

*ボーナストラック「花霞」収録


※インタビュアー 奏子(かなこ)

 

 

 





























   

ミュージックソムリエ・ベーシック第13期 受講生募集中!

ミュージックソムリエ・ベーシック第13期 受講生募集中!
ミュージックソムリエ・ベーシック講座の第13期募集を開始致しました!

第13期講座 2018年1月13日(土)〜スタート!

●日程:1日目:2018年1月13日(土)/2日目:1月27日(土)/3日目:2月3日(土)/4日目:2月10日(土)

各回10:00〜18:00頃まで。

●試験:3月3日(土)予定 10:00〜12:00

●講座場所:東京駅徒歩1分 東京都中央区八重洲1丁目 9-8 八重洲藤山ビル4階 RAKUNAⅡ

詳しくは
http://ms-kouza.jp/annai.html
   
X'masパーティー

【オーディオで楽しむ&遊ぼう会(仮)vol.1】開催!

【オーディオで楽しむ&遊ぼう会(仮)vol.1】開催!

 

日頃イヤフォンで音楽を聴く事が多い方も、お家で聴く時は、イヤフォンを置いて音楽を楽しみたいですね♫

 

今回は株式会社ロフトさんご協力の元、3種類のワイヤレススピーカーを使ってみました!

どれもBluetooth対応なのでスマホと連動できますよ♫^^/
しかもパーティー中に企画内容によって音を大きくしたり小さくしたりも手元のスマホで操作出来るから便利です!

 

①ツムツム BTスピーカー/(1)ミッキーマウス/(2)ミニーマウス/(3)ドナルドダック/(4)デイジーダック ¥4,600-
★電源を入れるとほっぺが光ります!見た目も可愛いですし掌サイズでどこにでも置けますし、プレゼントにも最適だと思います!♫

 

②ROOT ランタンボトルスピーカー/NV ¥10,000-
音楽をかけながらランタンとして周囲を照らす事も出来ます!
そしてボトルパーツにはドリンクを入れてそのまま飲める!
WATER PROOFなので酔っぱらってテーブルが濡れた!..でも大丈夫!
最大連続再生10時間で、キャンプのお供に心強い味方!

 

③フォニック ワイヤレススピーカー   ¥8,500
何といっても磁石でくっついて片手で両方のスピーカーを持ち運びで来ますし、冷蔵庫にも会議のホワイトボードにもぴったりくっつくので、机に置かなくてよいのでとても便利!

 

♫ミニ・パーティーでかけたアルバム♫
♪WONK『Sphere』
♪Robert Glasper『Black Radio』
♪RAY BARBEE『In Full View』

 

生活の色んなシーンで、音楽の聴き方も色んな楽しみ方出来ますね♫^^/
それでは、また!to be continued.......!!

   

ヒカシュー ニューアルバム『あんぐり』発売直前!ヒカシューナイト!

会いに行けるマエストロー第一弾

ヒカシュー ニューアルバム『あんぐり』発売直前!ヒカシューナイト!

 

シミズオクトBABA GOYA(クリエイティブスタジオ)&NPO法人ミュージックソムリエ協会との連動企画第一弾は、今年 10 月 10 日にニューアルバム『あんぐり』を発売するヒカシューの巻上公一氏がゲスト。

音楽のジャンルにとらわれないライヴや創作活動は世代を超えて深く支持されています。巻上氏はホーメイ、口琴、テルミンに対する知識、愛情が深く、ご自身でもそれぞれの音楽の普及に努めています。当日は、できたばかりの発売直前『あんぐり』の試聴会と、アルバムの制作話を伺い、巻上さんの口琴レクチャーと、 懇親会も実施。“会いに行けるマエストロ”、ヒカシューの、そして巻上氏の魅力にぐっと迫る一夜です。

■日時:2017年10月4日(水)18:30 OPEN 19:00 START

■場所:シミズオクト〜BABA GOYA・クリエイティブスタジオ

東京都新宿区下落合 1-4-1 B1F

https://www.shimizu-group.co.jp/studio/access.html

■入場料:¥1,500(税込)+ドリンク代別(ドリンク 1 杯 ¥500)

(口琴 販売も実施予定)

ご予約・問合せ: このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください

*皆さんで合奏をするかもしれないので、口琴があるという方は是非ご持参ください。

■出演:巻上公一さん

■終演後懇親会(カウンターにてドリンクとFOODを購入いただけます)

[企画主旨]シミズオクトーBABA GOYAとNPO法人ミュージックソムリエ協会との連動企画。音楽をもっと深く知ったり、共有する事で更なる音楽愛を分かち合い、沢山のビオトープを育成していきます “会いに行けるマエストロ”の出演と試聴会やトーク、懇親会などアーティストと聴き手、又は聴き手同士触れ合いながら高田馬場から音楽の楽しさを発信していきます。

   

1 / 36 ページ

協会からのお知らせ

 

ミュージックソムリエ協会の活動状況をお知らせする「ミュージックソムリエ協会blogです。

一般財団法人 日本クラシックソムリエ協会が2012年発足されました。ミュージックソムリエ協会では、日本クラシックソムリエ協会と連携し、その活動を応援して行きます。

 

You are here:

Contact Us

所在地:東京都港区西麻布4丁目16番7号ハウス西麻布201

ホームページでのお問い合わせはこちらから