NPO法人ミュージックソムリエ協会


JASRAC菅原常務理事が語るミュージック・ソムリエへの期待


一般社団法人日本音楽著作権協会

理事長 菅原 瑞夫



菅原 瑞夫キャッシュフロー時代の職人不在、なんとかしないと手遅れに


今の音楽は流通と盛衰のスピードがものすごく速い。ジャンルも多く、曲数となれば膨大です。聴くのも簡単になったけれど、非常に安易なデータとして扱われています。かつては、音楽との出会いからしてアナログ

だった。人の薦めや、ときには偶然に耳にした曲を探し尋ねたりして、感情を揺さぶられる音楽との邂逅があった。音作りにも職人技が生かされていた。プロが作り込んだ曲は何回聴いても飽きないですよ。それがデジタル化とともに簡便化され、ある程度の音作りが誰でもできるようになった。90年代になると力のあったスタッフが経営優先策によってどんどん削減されていった。それからは職人不在の時代です。キャッシュフローばかりを追って、音楽がただ消えゆく刹那的なものになっている。新曲が1ヶ月で忘れられていく。人の心に根を下ろし聴き継がれていくような音楽が作られなくなったら、将来への蓄積ができません。今やらないと本当に手遅れになってしまう。そう危惧しています。


多様な音楽世界への道標、厳しい目で新しい音楽作りも


過去の偉大な作品をはじめ、素晴らしい音楽はたくさんある。なのに自分の好みの周辺だけに閉じこもってしまうのは、すごく残念なことです。「こんな音楽もあるんだよ」と別の世界への道標となる存在がいろいろな場面にいたら、音楽と人との関係はもっと豊かになる。曲についても音楽的な分析や作曲された背景など、いろいろな切り口から魅力を伝えることができ、知識の裏付けを持って音楽の世界観をも提供できる。それがミュージック・ソムリエです。過去の偉大な作品への水先案内人であり、さまざまな音楽世界への道標であると同時に、豊富な知識と厳しい鑑識眼があるからこそ、一歩進んで「こういう音楽を作ったらどうか」という提案もできるのではないでしょうか。未来に残っていく音楽の指標となり、素晴らしい音楽を産み出す原動力にもなってほしいと期待しています。

 

協会からのお知らせ

2011年4月より私どもNPO法人ミュージックソムリエ協会では、アメリカのRECORD STORE DAY事務局と連携して日本事務局を開設し、情報をとりまとめ、発信してゆくことになりました。

J-WAVE「TOKYO REAL-EYES」内“IMOARAIZAKA RECORDS”とCDショップ大賞×ミュージックソムリエ協会のコラボ企画!毎週おすすめのアーティストの音源をリコメンドするのは全国のCDショップのバイヤー達!facebookもチェックしてくださいね!

ミュージックソムリエ協会の活動状況をお知らせする「ミュージックソムリエ協会blogです。

一般財団法人 日本クラシックソムリエ協会が2012年発足されました。ミュージックソムリエ協会では、日本クラシックソムリエ協会と連携し、その活動を応援して行きます。

TBSラジオ『SOUND BISTRO』内“ミュージックソムリエ”のコーナーでは、ミュージックソムリエがワインソムリエのようにおすすめの音楽を毎週ご紹介いたします。

You are here:

Contact Us

所在地:東京都港区西麻布4丁目16番7号ハウス西麻布201

ホームページでのお問い合わせはこちらから