講座内容『日台音楽交流の歴史〜100年の絆、そして未来へ』

先日、お知らせいたしましたオンライン講座『日台音楽交流の歴史〜100年の絆、そして未来へ』について、講座内容詳細をお知らせいたします。

1ヶ月を1単元として、月4講座ずつ実施いたします。

また日程はオンラインで公開される日時ですが、それ以降も見ることが出来ます。

また講座は途中参加も可能です。

お申し込みはこちらから

[単元1]台湾の歴史と民族について

10月 5日    本講座の説明&現在の台湾の音楽(バンド)について

10月12日   台湾の歴史と民族について

10月19日 台湾の伝統音楽と原住民音楽と蓄音器の登場

10月26日 ゲスト出演:台湾の音楽関係者

[単元2]日本統治時代の唱歌教育と台湾の音楽産業のはじまり

 11月 2日 日台の音楽交流の原点・唱歌教育(1986年~)

 11月 9日 台湾の音楽産業のはじまりと大稻程(1910年~)

 11月16日   NHK朝ドラ「エール」の時代の日本と台湾

 11月23日   ゲスト出演

[単元3] 台湾の歌謡曲誕生と華やかな台湾の歌謡界、そして終戦

 12月  7日   映画「跳舞時代」に見る台湾歌謡の佳き時代(1933年)

 12月14日 鄧雨賢と「四月望雨」

 12月21日   台湾歌謡の高まりとひとりの日本人(栢野正次郎)

 12月28日 日中戦争突入・歌による国威発揚・そして終戦

[単元4] 戦後の台湾の音楽界

   1月 4日    戦後の台湾の歌謡と音楽と政治的背景(戒厳令)

   1月11日   戦後の台湾の歌謡と日本の歌謡曲の影響

   1月18日   1972年以降の政治的影響と日台音楽の交流

   1月25日   戒厳令時代の台湾の歌と音楽、戒厳令解除直前の音楽

[単元5] 戒厳令解除後の台湾の音楽と未来への意識の高まり

   2月 1日 戒厳令解除後の台湾の音楽、民主化運動と台湾の音楽①

   2月 8日 「仰げば尊し」と「青青校樹」の絆

   2月15日 台湾映画の中の日本の歌

   2月22日    ゲスト出演

 [単元6] 2000年以降の台湾の経済発展と音楽

   3月 1日  変貌する台湾経済と台湾音楽の変化

   3月 8日     中華圏で成功したシンガーたち&インディーズバンドの盛り上がり

   3月15日 日台の音楽の交流の現在について

   3月22日 ゲスト出演

以上

講座の概要・詳細・お申し込みはこちらから

[講座の特徴]
日本統治時代の歌手の音源(「雨夜花」「望春風」等)や写真、貴重な資料もテキストで紹介します。台湾の多様なジャルの音楽を120年分、一気にご紹介。

オンライン講座の中でゲストを招いての特別講座の実施や、講座以外でトークイベントやライブイベントなども予定しています。(その時の新型コロナウィルスの感染拡大状況によりますが、イベント時には利用施設のガイドラインに沿って実施いたします)

皆様の受講を心からお待ちしています!

台灣文化倶楽部  Supported by hibiki Culture Lab


NPO法人ミュージックソムリエ協会

NPO法人ミュージックソムリエ協会は音楽に関与する人材を発掘し、育成し、音楽とその周辺のソフト産業の活性化・多様化をもたらします。

0コメント

  • 1000 / 1000